雇われている人の考え方に成長はない

定時制高校に通いながら大工になった知人がいる。そいつはとても生真面目で男らしい性格なのだが、残念なことに口だけ番長である。

勤続20年ぐらいの工務店で常に一番下の役職にいて、いつも会社の文句ばかりを言っていたのはよくいる従業員像である。

そもそも下ができても会社の仕組みなのか、うまく育てるシステムがない。ないなら自分が作ればいいのだが、本人にその自覚はない。

やめてやるを何回も繰り返し、30半ばで本当にやめた。

それからは昔の先輩のもとでたまに仕事を回してもらうが、20年もの歳月をかけて身に付いた技は標準以下であったのは想像がつく。

それでいて自分は一級品だと思っている。おかしいのは周りの評価で、一級建築士になるという目標は語れど、問題集さえ取り寄せることなく歳月だけが過ぎた。

やがて先輩からの仕事も回ってこなくなり、いよいよ自分で仕事を取ってくるしかないのだが、評判が評判を呼び仕事が舞い込むことはなく、結局はどこかに登録をして回ってきたたまの仕事をこなすことでしか収入はない。

どこで間違えたのか。とりあえずやってみる発想がなかった。

これに尽きると思う。だめだ、だめだでは何も変わらないのだから、まずはやってみるべきなのだ。40も半ばになる知人が奮起して活躍してほしいと願っている。

まだまだやれる年なのだ。ハッピーメール 評判