勉強する理由は好きなことを仕事にするため

勉強をする意味がわからない。そんなことを早ければ小学生、遅くとも高校生の頃考えたことがあるかと思う。

何のためにこのややこしい数字のパズルみたいなものを解かないといけないのか。何のために数百年以上前に起きたことを知らねばならないのか。

当時はとりあえずやっておくかぐらいで勉強をしていたけど、今ではある程度の理解はしている。

どんな仕事に就きたいかだ。

大抵の仕事で東京大学卒業といえば就職は有利になる。

学歴が邪魔になるのはアウトローの世界ぐらいだ。

では就職までについて考えよう。

現在の日本において大学を卒業するという学歴社会では、当然のこと学校の優劣がある、東京大学や京都大学をはじめとする国立大学を卒業したとなれば就職に有利だ。

それならば皆が東京大学に入りたいとなる。

しかし受け入れる数に限度はあるから、試験をすることで入学の可否を決めることになる。

それは京都大学もその他の大学も、その前には高等学校に入る試験も同じく試験によって入学の可否を決め、早い人だと私立の幼稚園の受験を経験する人もいる。

そこで行われる試験というのが、主に学校で習う教科なのだ。

どんな仕事にも就けるようにしたいなら、その日常の勉強をより深く学ぶことだ。出会い系 西宮